借金の一本化は要注意!

saimu整理頼れる先生/ガ/イド

借金の一本化とは

 

借金の一本化はメリットとデメリットがありますので、よく考えた方がいいですよ。

 

いろいろな貸金業者から多重に借金をしている場合、低金利で貸してくれる貸金業者に一本化するとことが『借金一本化』といいますが

 

これって、本当に良い選択だと思いますか?

 

 

確かに、銀行などは貸金業者などと比べると、金利は安いので借金を一本化すると高い金利を払わなくて済みので
得した感じ受けますが、

 

実は、借金を一本化するにはそれぞれの貸金業者に金利を含めた残金をすべて返済する必要があります。
この時、利息制限法を超えた金利を返済しなければならないのです。

 

完済するために、この先発生する金利を含めて現時点で全額支払うということです。

 

高い金利で悩んでいるのに、結局払う訳なです。

 

 

私も最初は、借金を一本化する方向で考えていましたが、よくよく考えると一社対して多額の借金をすることになるだけのような気がしてなりません。

 

これは、どのくらいの金利でどの程度借金があるかによって違うと思いますが・・・

 

 

借金一本化よりも債務整理を選んだ理由

 

任意整理はどうなの?

 

債務整理を考えてみたところ、紙む整理は引き直し計算によって、利息制限法の上限金利の超過金利分は全て元本にあてられるため金利を返済しすぎるということがなくなります。
また、任意整理では、元本だけを返済すればいいので、この先の金をは返済する必要はありません。
なので、任意整理は借金一本化と比べて、以下のことが利点だと思います。

 

返済しすぎた金利を全額回収できる
将来の金利を返済する必要がない

 

大抵の場合、借金で首が回らなくなってしまう状況というのは、金利が高く払っても払っても元金が減らず、また借金をしてしまうことが多い気がします。
私の場合は、正にこれでした。

 

借金一本化を考えて金融機関に相談はしましたが、払い過ぎていた借金を取戻すことができるのは、弁護士・司法書士のみで、銀行、市役所の借金相談員、ボランティア団体など、いずれも払い過ぎ分の取り戻しはできないということが判りました。

 

 

結局のところ、借金一本化【おまとめローン】は、既に払い過ぎていた借金額を差し引くことなく、まとめて借り換えをさせている。
特に、払い過ぎた借金があっても、それを回収することなく一本化してしまうので、借りる必要のなかった分まで金利を支払わされることになります。

 

これって、損だと思ったのは私だけ?

 

 

弁護士に相談してすべて解決

 

弁護士や司法書士が行う借金一本化は、銀行やおまとめローン業者(これも怪しいよね・・・)から借金して、そのお金ですべての貸金業者に支払って借金を完済するというものではないのです。

 

 

弁護士や司法書士が行う借金一本化って?

 

①払い過ぎていた分があれば、その金額を借金の残高から引く
②将来的に発生する金利はゼロ%にしてもらえるよう交渉
③支払の遅れがあった分も、無かったことにして分割払いで支払い
④この先借金がしている貸金業者が複数ある場合、支払いの窓口を弁護士または司法書士が代行する。

 

※④によって、借金が一本化されていく

 

債務整理の返済代行を依頼した弁護士または司法書士が自分の代わりに業者へ支払いをしてくれます。
自分は、その支払い額を依頼した弁護士または司法書士に毎月返済金を渡すことになります。

 

つまり、返済するところが一本化されるということです

 

そして、これが決めて、『金利は0%』です。

 

 

借金の一本化のリスクとデメリット

 

借金の一本化について検討されている方は、次のようなデメリットやリスクがあるということを十分に理解した上で検討するようにしてください。

 

悪質な詐欺業者が狙っている

借金一本化をうたった悪質な詐欺業者による被害者が多いです。
ほんとに、気を付けてください。
私も危うくやられるところでした。
ネットの綺麗なホームページだけで選んではいけませんよ。

 

 

引き直し計算による利益を放棄

上でも書きましたが、利息制限法による引き直し計算による利益を放棄することになります。

 

勘違いしやすい、借金の元本全く減りません!

借金一本化の目的は、あくまで将来利息の軽減が目的なので、元本そのものが減ることはありません。

 

単純に返済額が増えます

借金を一本化することで、毎月支払うべき一回の返済額が増えることもあります。
よーく考えないと、かえって日常生活に支障がでます。

 

新たな保証人の必要性!

新しく借りる額や状況によっては連帯保証人や不動産等の担保が必要になることがあります。
周りに迷惑がかかる可能性があるので、これもよーく考えて。

 

 

悪徳業者に注意してください!
「借金を一本化してあげる」とやさしいことを言って近づく悪徳業者が多いです。

 

悪徳業者の手口は、最初に手数料や返済額を支払わせて逃げるパターンが多いです。

 

債務整理による借金一本化は、信頼於ける弁護士または司法書士に依頼して下さい。
これは、絶対条件です。

 

 

 

債務整理に強くて信頼出来る専門家はこちらで探せます

 

自分にあった弁護士を探すのは時間も労力もかかります。
場合によっては、どうしても合わない弁護士との契約を解除するのにそれまでに費用を請求される場合だってあります。

 

なので、弁護士選びは慎重におこなう必要があります。

 

もし、弁護士探しに迷っているのであれば
街角法律相談所無料シュミレーター』というツールがありますので、これを利用してもいいと思います。

 

 

このツールを使うと、全国150以上の法律事務所からあなたの要件にあった法律事務所を探してくれます。
さらに、扱う案件の無料診断までしてくれるのです。
もちろん、無料です。
それと、探す際には匿名でも大丈夫なので安心してなっとく行く弁護士を見つけることが出来ます。

 

 

ここまでに加kる費用は完全に無料です!
ほんとに便利になりました。

 

 

信頼出来る弁護士が見つかったらあとは全て任せましょう!

 

 

債務整理をした事実に関する記

債務整理をした事実に関する記録は、ある程度の期間残ります。これが残っている期間は、新たに借入をすることができないでしょう。情報は年数が経てばいずれ消されますが、それまでは誰もかれもが見ることが可能な状態で残ってしまいます。債務整理をする場合、弁護士と話し合わなければならないことが膨大にあります。弁護...

≫続きを読む

 

借金の額がおおきくなってしまって任意整理をすること

借金の額がおおきくなってしまって任意整理をすることになった場合、その後に、新しく借金をしようと思ったり、クレジットカードを作ろうと思っても、信用機関にその情報が残るため、審査に通らず、数年ほどはそのようなことを行えないのです。借金をすることがクセになってしまっている方には、かなり厳しめの生活になるで...

≫続きを読む

 

債務整理をした場合は、ブラックリストに記載

債務整理をした場合は、ブラックリストに記載され、5年の間、その記録が残り、クレジットカードの審査は通らないと言われます。しかし、5年も経たないうちに持てる人もいます。その場合には、借金を全額返済した場合が多いのです。信用があればクレジットカードも作成可能です。任意整理が終わってから、お金が必要な理由...

≫続きを読む

 

個人再生をしようとしても、認可され

個人再生をしようとしても、認可されない場合が実在するのです。個人再生をするには、返済計画案を出す必要がありますが、裁判所でこれが通らないと不認可として扱われることになります。もちろん、認めてもらえなければ、個人再生は望めません。過去に債務整理をした情報については、一定期間残ります。この情報が保持され...

≫続きを読む

 

債務整理をした場合でも生命保険

債務整理をした場合でも生命保険を解約する必要がない場合が存在するのです。任意の整理をしても生命保険をやめる必要はありません。注意しなくてはならないのは自己破産する時なのです。自己破産になった場合には生命保険の解約を裁判所から命じられる時があります。自己破産は、特に資産を持っていない人の場合、簡単な手...

≫続きを読む

 

個人再生をするにも、不認可となるパ

個人再生をするにも、不認可となるパターンがあるのです。個人再生をする時には、返済計画案を出す必要がありますが、裁判所でこれが通らないと不認可としての扱いとなります。普通の事ですが、認めてもらえないと、個人再生はできません。自己破産をしなければいけない場合、身の回りのものや生活をやり直すための微々たる...

≫続きを読む

 

任意整理は、債権者と債務者が交

任意整理は、債権者と債務者が交渉することで、金利を引き下げたり、元金のみの返済にしてもらうように依頼するという公の機関である裁判所を通すことなく借金を減らす手段です。大部分の場合、弁護士とか司法書士が債務者の身代わりで意見をかわし、毎月の支払う金額を減少させることにより、完済というゴールがみえてきま...

≫続きを読む

 

任意整理を終えて、任意整理の話し合い

任意整理を終えて、任意整理の話し合いをした業者からお金を借りることは無理になります。でも、任意整理が終わった後、様々なところから借り入れたお金を返してしまったら、5?10年も経過すれば、信用情報機関に登録されたデータが消去されますので、その後はお金を借り入れすることができるようになるのです。交渉を通...

≫続きを読む

 

債務整理時には、弁護士と相談しなければならない事

債務整理時には、弁護士と相談しなければならない事項が多々あります。弁護士を選ぶ方法としては、容易に相談できる弁護士を選定すべきでしょう。相談会などに行って話しやすいと感じる弁護士を選んでもよいですし、他の人から体験談を聞いて参考に選択するのもいいと思います。自己破産のプラスは免責になると借金の返済義...

≫続きを読む

 

私は複数の消費者金融から借り入れをしていたのですが、返

私は複数の消費者金融から借り入れをしていたのですが、返せなくなって、債務整理することにしたのです。債務整理にも色々な方法があり、私に行ったのは自己破産です。自己破産を宣言すると借金を清算することができるので、負担が減りました。個人再生に必要なお金というのは頼んだ弁護士や司法書士によって違うのです。お...

≫続きを読む

 

任意整理を依頼する費用の相場ってどの程度

任意整理を依頼する費用の相場ってどの程度なんだろうと思ってネットを使用して調べてみた経験があります。私には多額の借金があって任意整理をしたいと思ったためです。任意整理に必要な費用には幅があって、相談する場所によって色々だという事が明確になりました。任意整理とは、債権者と債務者との話合いのなかで、金利...

≫続きを読む

 

自己破産は特に資産がない人では、単純

自己破産は特に資産がない人では、単純な手続きで終了しますが、弁護士にお願いしないと手続きを自分でするのはとても難しいです。自己破産に必要な費用は平均で総額20?80万円くらいと高額ですが、このお金は借金でまかなうことができませんので、ちゃんと手元においてから相談するべきです。借金で首がまわらなくなり...

≫続きを読む

 

私は複数の消費者金融から借り入れをし

私は複数の消費者金融から借り入れをしていたのですが、返せなくなって、債務整理することになったのです。債務整理にも様々な方法があって、私が行った方法は自己破産というものです。自己破産してしまうと借金が帳消しになるので、負担から開放されました。借金がだんだん多くなり、もう個人の力では返済できない場合に、...

≫続きを読む

 

借金を返すあてがない場合、司法書士や弁

借金を返すあてがない場合、司法書士や弁護士にアドバイスを求め、自分の財産を全て手放したり、弁護士に間に入ってもらって債権者と交渉してもらう自己破産や任意整理というような選択します。任意整理でも、マイホームなどを保有しながら借金を返す個人再生という選択もあるのです。借金の合計額が減りますが、マイホーム...

≫続きを読む

 

債務整理を悪い弁護士にしてもらうと最悪なことになるため

債務整理を悪い弁護士にしてもらうと最悪なことになるため注意を要します。ネットの口コミを確認するなどして健全な考えの弁護士に頼まないと法外な手数料を請求されることもありますから注意を怠らない方がいいでしょう。要注意ですね。債務整理には多少の難点もつきものです。債務整理をするとクレジットカードなど、お金...

≫続きを読む

 

自己破産をする時は、身の回りのも

自己破産をする時は、身の回りのものや日常生活を再建するための少しの費用の他は、全て自分のものでなくなります。自宅、土地などの財産の他に、ローン返済中の自動車も手放すことが必要です。ただし、他人が支払い続ける事に、債権者が納得すればローンを返済し続けながら持っておくこともできます。個人再生に必要な費用...

≫続きを読む

 

借金を返すあてがない場合、司法書士

借金を返すあてがない場合、司法書士や弁護士に頼り、債務をなくしてもらったり、軽くしてもらう自己破産や任意整理などの措置をしてもらいます。任意整理のうちでも、自宅などを保持しながら借金を返済する個人再生という措置があります。負債額が減りますが、マイホームのローンなどはそのままですので、気にしていなけれ...

≫続きを読む

 

借金の返済ができなくなった場合に、債務のある

借金の返済ができなくなった場合に、債務のある人は、弁護士を通してお金を貸している人と話し合って、返す金額を調整します。これが任意整理と呼ばれるものですが、任意整理になる場合に、銀行口座が凍結されるおそれがあります。銀行にお金を預けている場合は債権者に持って行かれてしまうので、任意整理となる前に引き出...

≫続きを読む

 

自己破産というのは、借金を返すことがも

自己破産というのは、借金を返すことがもう確実にできないということを裁判所から認めてもらい、法律上で、借金を取り消してもらうことができるきまりです。生活する中で、最低限、要する財産以外のものは、何もかも失うことになります。日本の国民である以上は、誰もが自己破産できます。債務整理を悪い弁護士に依頼してし...

≫続きを読む

 

債務整理を行ってから、といえば、債務整理を申請してし

債務整理を行ってから、といえば、債務整理を申請してしまうと、あと数年くらいは、お金をどうやっても借りられなくなって、信用情報にも記載されてしまいます。利用したいと思った場合でもしばらく待つようにしましょう。債務をまとめると一言で言っても色々なタイプがあります。個人再生とか特定調停、自己破産や過払い金...

≫続きを読む

 
ホーム RSS購読 サイトマップ